カテゴリ:Brugge Belgium( 4 )

| Page Top↑
2005年 08月 23日
encore Brugge
日曜日は10時に起き プレイボーイ・ジョナサンがコーヒーと朝食を用意してくれ
お昼ごろブリュージュへ
わたしは7月に行ったばかりだったけど
ジャッジ・イシラクは一度も訪れたことがなかった
車でブリュッセルから一時間
お天気の神様は いっそう不機嫌になり 助手席から後ろのみんなに「今日の天気は最高だね」というと 罵倒とも嘆きともつかない言葉がそれぞれの口から飛び出す
いや・・ もう2日目までは責任持てません・・・ゼウスでもむりです・・・といいながら
以前も駐車した駅前の駐車場に入り 無料バスでシティーセンターへ
b0035831_16281078.jpg

水上から建物を見る
シティーを歩いてシャビーなカフェでお昼にすることに
ドクターアミンとクッキーモンスターは白ビール と オムレットとトースト
チュニスプリンセスはオレンジジュースとアメリカンサンドイッチ、ジャッジ・イシラクはオレンジーナとラザニア、そして私はパインジュースとナチュラル オムレットを頼む
どのメニューもすごい 山盛り!
食べ始めて少しすると ジャッジ・イシラクが急にフォークをかっちゃーんと落とした笑
なにやらラザニアの中から発見したらしい・・・
あハム・・・ oh no...どう見てもポークだ
イシラクはポークだとわかると 急にお腹の辺りが気持ち悪くなったらしく チュニジアプリンセスは それはお腹が気持ち悪いんじゃなくて 脳がそう考えてるだけなんだよ と 言うけど 習慣というのは 理屈では克服しにくい・・・
レストランのオーナーに これはポークか と聞くと
「妻がつくったからわからないけど ポークじゃないことは確か」と白々しい笑
ライヤー・・・ ハムを見ればチキンかポークかくらいの区別は5,6歳でもつく
でももう食べちゃったあとだから 気分を害さないようについたうそなのかもしれない
とにかく みんなが イシラクに少しずつ各ディッシュから分けて 全員満腹になった

その後 ボートで街をまわる

b0035831_16284740.jpg

世界で一番小さいゴシックの窓
ベルギーにいると よく 「一番小さいXXXX」というフレーズを聞く
世界で一番小さい街 とか この街で一番小さいアパートとか・・・
これは ある種の競争であるのかしら?
小さいということを文化的アイデンティティーにしようとする試み?だとしたら その背景には?と考えてみると結構面白いのだ

b0035831_16291098.jpg

ジャッジ・イシラク ブリュージュの街角で

b0035831_16294570.jpg

馬車から顔を出す少年

ブリュージュは 5年に一回くらいでいい・・・
フラマン人では 住みたいという人も多いが それは ベルギーの古き良き時代という ノスタルジーなのか はたや 可愛らしいおとぎ話のような街への 憧憬なのか わからない

もしかしたら ふっと またブリュージュに行きたい と思う時期がくるのかもしれないし
こないかもしれない

また 別の友人がきたら 連れて行くかもしれないし そうでないかもしれない
そんなことを考えながら パリ行きの電車は ベルギーを後にした
[PR]

by eloundamigio | 2005-08-23 16:29 | Brugge Belgium | Page Top↑
2005年 07月 27日
Brugge #2
今日はミッテラン国立図書館で籠もっていたが
冷房が効きすぎて寒い
ここへ来るときは冬服が必要なのだ
仕方ないので ラップトップのパワーコードのアダプター部分を
足に挟む
そのうち 膝まで冷えてきたので
ラップトップを ラップトップ(膝の上)へ
外もそんなに気温が上がらない
今夜はしっかりお肉を食べて 風邪を引かないようにしないと
と デパートの地下に行ったら 冷凍庫みたいな 寒さに
ノックアウト 
冬の靴下はいてます

ようやく暖かくなって リンク先のBloggerたちの動向を探っていると
おや Tripper Archivesさんのところに 私が写した写真がある?
どこをどう見ても同じ
しかし コピーライトとか そういう問題じゃなく
ただ まったく同じ場所で全く同じオブジェを 全く同じように切り取ったようでした
この窓 有名なのかしら

問題の一枚笑 (私のはトリミングなし)
Tripperさんの写真はこちら

windows next to the canal

その近くでは 優雅に泳ぐ白鳥たち

Three swans on the canal

ダウンタウンの中にある 緑の公園

陽だまりの公園
[PR]

by eloundamigio | 2005-07-27 06:56 | Brugge Belgium | Page Top↑
2005年 07月 19日
brugge walking
日曜日は北のベネティア、ブリュージュへ
計6人 二つのグループで 一方は電車で
我々は 東西に伸びるE40で
彼女 きれいで清楚な奥様なのだが
ドライバーズシートに座らせると 女レーサー 悪く言えば暴走族
夫の弁護士が160KMまでは OKとお墨付きを与えたばかりに
時速160KMで飛ばしっぱなし
あおる 鳴らす やり放題
さすが 無法地帯 税金カンニング ベルギー王子 スピード違反無逮捕
デュトルー事件

で 無事電車グループと合流し
雑誌会社主催のイヴェント ブリュージュ散策

ブリュージュの中心部は 文化遺産
石畳を歩けば 古代中世の商人の掛け声
スクエアのベルフォルトの前を通り過ぎれば 馬車をひく馬のひずめの音
そして 水沿いにでれば 中世の恋人たちの歌う愛の調べが聞こえてくるのだ

滞在した時間は短かった
でも 7世紀に及ぶ歴史の旅
すっかり うれしくて夢見気分のわたしを乗せて
160KMのヴォルヴォは 追い抜く追い抜く
ぱっぱか ホンク
フレンチフライとソーセージでお腹を満たして
ビールを飲んで さようなら
ここに ベルギー人極まるなり


brugge flag captures the wind




b0035831_654397.jpg

中世の船と中世の町並み

観光客の街


かつては織物を、いまは旅人をのせて


cursty? swan family and sightseeners


two ladies in hats at Isaac museum


an american boy


English lady in Brugge. The city is favoured by the world


nothern venice, brugge


equipage passing through the alley
[PR]

by eloundamigio | 2005-07-19 18:20 | Brugge Belgium | Page Top↑
2005年 07月 18日
The town noone knows
b0035831_21231321.jpg

知らないうちに 知らない街の住人なのかもしれない
[PR]

by eloundamigio | 2005-07-18 21:28 | Brugge Belgium | Page Top↑