カテゴリ:Bath( 3 )

| Page Top↑
2005年 11月 07日
Sunday evening
b0035831_447597.jpg


将来なにしよう・・・・・・・
そんな悩みを心に外にでました。
一日中土砂降りだったバース
一瞬ですがきれいな夕焼けをみたので・・・。


b0035831_5385480.jpg

バースの一番明るいとき・ところはいつ・どこ?と聞かれたら、間違いなく雨の後の夕焼けと夜の教会の周りというに違いない。夕焼けの赤は、灰色の空よりも明るいし、夜の教会のライトアップは紺色の空に映えてきれいだ。

b0035831_539353.jpg

昨日、ベルギーと話して、今日パリと話したら、もっともっと早くここからでたくなった。そうでなくても、今すぐ課題おわせて自分の好きな本も読みたい。私はやはり政治哲学が好きだ。あまりプラクティカルな学問じゃないかもしれないけど、経済よりも好き。

連日花火の音が聞こえてくる。昨日は学校に写真を撮りに行こうかと思ったけど、雨だったので風邪をひきたくないし、£4徴収されたらいやなので友達と外を散歩してときどき丘の上にあがる花火をみた。

b0035831_4414636.jpg

夕刻

時間がたつのは早い・・・。もうBathに来て6週間目だ。どんどん本を読みこなしてエッセーを書いていかなければ・・・。

b0035831_5501266.jpg

[PR]

by eloundamigio | 2005-11-07 04:42 | Bath | Page Top↑
2005年 11月 01日
Halloween
b0035831_1031883.jpgハローウィン~~~!我ら4人家族でシェアするキッチンはパーティーの巣だ。この寮でKX4といえばみんな知ってる・・・。華やかなイメージのある我がキッチンだが、実情は食べ物がなくなったり、朝の5時に誰かが料理し始めたりと面倒なこともある。それで喧嘩したことも2回以上ある笑。
イギリス人の間ではわたしの名前はFooFooだ・・・汗。たまにmeowmeowといってくる変態もいるが、とにかく一般のイギリス人の舌にはアジア人の名前はなじまない。前などは5年来付き合っていた友達に君の名前本当はなんなのさーー?といわれたことがあるけど、そいつはちょっと特殊なことを除いても、多分アジア人の名前は難しいのだ。b0035831_1033970.jpg隣のフラットの中国人の可愛い女の子は、来たとき「私はアマンダよ」といっていたのに、一週間たったら、階下にアマンダがいたことを突き止め、「アヴリル」に名前を変更した。わたしも英語名をつけようと思ったこともあったが、今は自分の本名で呼んでもらえるのが一番うれしい。
今回は25人を招待。もちろん友は友を呼ぶのは前提だ。20:00になると続々と人が集まってくる。初めてあう人も多いが、みんな簡潔な名前でうらやましい。「Josよ」「Ed!」 ここにきて、もう100人以上の人に出会ったが、名前を覚えているのは、3回以上あった人だけである・・・汗。b0035831_1035121.jpgいつもフレンドリーに話すのに、名前を知らない人もたくさんいる。こちらの名前を覚えてくれているとなおさらばつが悪い。

パーティーは始終おしゃべりだ。部屋からカメラを撮ってきて数枚写真を撮ったら、フォトコンテストに応募するらしい男の子が話しかけてきた。ここは写真クラブがないので愚痴っていたら、お互いどちらかが作ったときにはメンバーになることを誓約。もちろんOKだ。人は増え続けるばかりだ・・・。でも不思議なことは、アジア人はひとりもこない。フラットメートのミック(タイ)は招待されていたのに、パーティーが始まったらとなりの寮に逃げてしまった・・。隣のフラットのアヴリルも、怖い・・といって引っ張っても来ない・・・。b0035831_204381.jpgイギリス人とアジア人の住み分け?みたいなのがあって、中国人ばかりのパーティーをキッチンでやると、ジャスティン(右上・我がフラットのお父さん笑)は入ってこなかった。みんなが消えた後やっときて、どうしてこなかったのか聞くと、「分からないけど自分だけ不自然に感じるんだ。」わたしは、昔から外人が周囲にいたのが自然だったから、b0035831_1055112.jpg中国人、イギリス人のどちらのグループにいても、心地よいけど、そうでない人はやはり同じ文化背景からきている人とくっつくのが、違いを意識しすぎず心地よいのかもしれない。でも同じところに住んでいるんだから出ておいでよ~と思うときもある。パリにいたときも日本人の知り合いが同じ問題があったけど、外国にいてこの態度じゃつまらなくないのかな・・・。どうなんでしょう・・・。まあなにはともあれ、パーティー終了。さあこれから勉強せねば・・・。。。
[PR]

by eloundamigio | 2005-11-01 10:05 | Bath | Page Top↑
2005年 10月 27日
across the building...! (view from the window)
b0035831_4523853.jpg

ここに来て初めて太陽の日をみました!でもなんだか薄暗い感じです。建物の向こうに広がる空を見ていたらなんだかまた大陸の空を見たくなりました。
b0035831_4542132.jpg窓が全開にならないので、隙間からレンズを入れて部屋の左側の光景を撮ってみました。この寮の裏通りMilk StreetはBathで一番治安が悪いらしいと何人かの人がいっていました。カウンティーハウスが二軒あるからかもしれません。それにしても毎日毎日どんよりした曇り空。くもりぞら、ブリテンの空、未来永劫こんなそら。うたをうたいながら、自分の部屋からの景色を数枚カメラに収めました。大学から帰ってくると、待っていたブツがやっとベルギーから届いていました。大きいほうはあけたとたんガーグルとか飴玉とかわけのわからないものが飛び出てきましたが、b0035831_453495.jpg目的はカメラのバッテリーチャージャーとCFカードリーダーとオプティフリーでした。7,8キロはいっていましたが、ほとんどガラクタ・・・汗。必要なものだけとって箱をベッドの下のスペースへすりーっと滑らせました・・・。来年の春までみることはないでしょう・・・。早速送り主にお礼の手紙を書き、ポストに投函してきました。もうひとつはベルギーの友人がレオニダスのプラリンを送ってくれました。 これは、わたしの新しい友達と分けてということですので、さっそく2グループの友達に連絡して、金曜日の夜にまたディナーをつくることになりました。前回は友人のお寿司職人が10人前のおすしを40ポンドで握ってくれましたが、今回は何にしようかまだ考え中です。料理といえば、まだ道具は揃っていませんが、隣のキッチンから道具をかりてきて夕食だけはきちんと作っています。昨日は、ビーフとコンコンブルとレタスとにんじんとたまねぎを一緒に炒め、この前買ったタイのソースとちりをかけてみました。b0035831_5223298.jpgするとジャスティン似のジョーが入ってきて何を作ってるの?と聞かれたので「日本料理」といったら、「ふーん?そういう日本料理もあるんだ・・・。なんていうの?」 ステアフライじゃ、ぼけ・・・。で、その日はブリストールからきたフラットメートがご飯を作り、ロンドン組みがアイスクリームを買ってきて、初めてフラットメート4人で一緒にご飯を食べました。誰かが、ぼそっと「これって家族みたいだね」というので、その人はお父さんになりました。

週末はTupraというジュエリーショップで腕時計の電池交換をしてきました。BhsやNEXTでは5ポンドといわれたのだけど、この時計はできないというのでここに案内されたのです。すごくシャビーな店でかびたじゅうたんのにおいがします。中にはいって大柄な婦人に腕時計を渡して、彼女が奥に座って片目にスコープみたいのをつけているラピュタのテクニシャンに届けます。そのとき、ぎぎぎとドアが開いて中年の女性が入ってき、夫の時計が動かないからバッテリーを交換してくれといいました。大柄の婦人が「10ポンドよ」というと「この前は8.5ポンドだったのにどうして10ポンドに値上がりしたの?」とつめたので、前で聞いていたわたしは、(電池交換ごときで2000円かよい・・・)と思い、二人の会話を割って、「私のはいくらですか?NEXTでは5ポンドでやってくれるらしいのですけど・・・」というと、奥のラピュタのテクニシャンがぼそっと「£8」といいました。それでわたしはすっかりこの店が気に入ってしまいました笑。今度カメラを持って帰ってきたいと思いました。

そういえば今度バース大学生だけを対象に、フォトコンがあります。テーマはランドスケープ、ドキュメンタリー、そしてポートレートで、締め切りは来月半ばです。各部門からひとりずつに£50の賞金があります!プリンターを買う計画もしていたので、もし間に合ったら応募してみようと思いました。もうひとつうれしいニュースは11月5日にチャリティー主催で花火大会があることです。運悪くパリの花火もベルギーの花火も見逃したこの夏・・・。Bathの花火はただですが、現場で£4をチャリティーが徴収する可能性もあります。どうせ行くのだったら、カメラの準備をきちんとして、下見もして、自分の写真を撮りたいなとおもっています。
[PR]

by eloundamigio | 2005-10-27 04:57 | Bath | Page Top↑