カテゴリ:Portrait( 13 )

| Page Top↑
2005年 09月 08日
yukata festa #2
b0035831_1843392.jpg

浴衣を着てテラスで子どもと時間をすごす

クリスチャンの20代の娘のために購入した浴衣・・・
でも 忙しくてなかなか来れないのでつるしたままになっているらしい
じゃあ このままほこりかぶせておくのもなんだということで 
今年還暦を迎えた クリスチャンに着せようということに・・・

最初は こりゃーもしかしたらお笑いになってしまうかもしれぬぞ と思い
真っ赤な帯は わたしが持っていた ちょっとくすんだピンクの帯に変えてみる
でも リボン結びしか しらない・・・!リボンでも いいか・・・

浴衣はその人に合う色を見つけるのが一番だ
クリスチャンだったら 茶系 モスグリーン系といったところか・・・
でも紺も十分に似合っている

浴衣は夏・秋に週末だったらシャワーを浴びたあと 寝る前まで着れるし
さすがにヨーロッパにいると 街を歩くのは結構抵抗があるが
近所の散歩くらいだったら 問題ない

おみやげとしての浴衣はこれからも何枚か買うことになりそうだ

もう一枚・・・

b0035831_1847689.jpg

見返りクリスチャン(^-^)
[PR]

by eloundamigio | 2005-09-08 18:44 | Portrait | Page Top↑
2005年 08月 25日
Ariane
b0035831_6543618.jpg

秋の香りのなか

b0035831_6563767.jpg

ママと一緒

日本から買ってきたお土産の浴衣
髪結いと着付けをしてポートレート撮影をした
モデルは トムのママ アリアン
着付けまではなんとかこなしたのだけど
難しかったのは 表情をつくること・・・
しっとりした表情が作りたかったのだけど
すごく緊張してる
リラックス アリアン イージーとトムや犬を入れて
撮影
そうすると 犬や子どもに気が行くから 口元が上手くいかない
でも 彼女 私の母が選んだ浴衣をすごく気に入ってくれた
本当に綺麗ね とか 手を添えてみて と声をかけながら100枚ほど撮影
トムのパパも アリアンの浴衣姿に大喜び笑
わたしは
大きな失敗しないようにすごくどきどきだった・・・ 

more
[PR]

by eloundamigio | 2005-08-25 06:55 | Portrait | Page Top↑
2005年 08月 01日
Christiane

[PR]

by eloundamigio | 2005-08-01 07:09 | Portrait | Page Top↑
2005年 07月 26日
Portrait in Oze #2

空の道を歩く

JunさんのBlogで 尾瀬の写真をUPしている
あああ たった20日前のことなのに
もう 遠い昔のことのようであるなあ
懐かしくなって HDに入れた尾瀬の写真を引っ張り出してきて
仕上げてみた
雨上がりの至仏で
小川のような登山道を登る
深いところでは 足首から水が入りそうになるのだけど
水の中をびしゃびしゃ音を立てながら むんむんとした繁みを登るのが気持ちよい
チュニジアプリンセス 山賊
[PR]

by eloundamigio | 2005-07-26 04:38 | Portrait | Page Top↑
2005年 07月 21日
portrait in Oze
b0035831_6281744.jpg

尾瀬の思い出

こちらの写真はKohori Photo galleryの小堀さんによって
講評いただいた写真をもとに レタッチしました。

p.s. 現在 カテゴリー機能が消えています。カテゴリゼーション再編成中です。リンクなどでご迷惑をおかけした方、申し訳ございません。 miu
[PR]

by eloundamigio | 2005-07-21 06:36 | Portrait | Page Top↑
2005年 06月 21日
pre-summer

森の奥の畑でくつろぐ

ブリュッセル34度
猫の鳴き声まで 干からびてるように聞こえます

ところで 日曜日は友人と森に行ってきました

あのホワイトソックスのいる森です
(覚えていらっしゃるかな?
このBLOGには12,1月あたりによく登場しました)

冬にみた森の姿は まるで変わっていたのだけど
半時間 パリでは味わえない
フレッシュな空気を思い切り肺に吸い込んできました

おとといまで ロングブーツをはいていたのに
今日は ほぼ裸・・・
変な気候です
明日は雷雨とか。

また2003年の夏のようなことがおこらなければよいのですが
[PR]

by eloundamigio | 2005-06-21 08:08 | Portrait | Page Top↑
2005年 06月 09日
dispatch of ギャグiwakura mission after 130yrs

派遣を前に準備を進めるチュニジア女性大統領

6月の下旬に
チュニジア女性大統領が日本を仕事で訪問することになった
携帯のメイルに ラブラブメッセージを送り続けてきた彼女
その数 10数通 
どこかのセク0ラ大学教授みたいなチュニジア人です

「大好きよ~ 一緒にわたしとパリから逃げましょう!」
夜は夜でありとあらゆる視線で誘惑してきた

そこで
白耳義代表オリ、仏代表アミン(仏Aは今回はお国に残って仕事)、チュニジア女性大統領、そして日代表のわたしたちは
2005年、実に130年強ぶりに
逆岩倉使節団を派遣することに決定しました

でも受け入れ先はどうなのか・・・
で、早速電話
「もしもし、it's me miu 覚えてる?君たちの愛しい娘から電話よ (^-^)」
すると「ああ、何?」とそっけない返事

交渉の末、逆岩倉使節団は受け入れられることになりました
父親はまた地獄計画を考えているようです
尾瀬 3日間とか・・・

何を隠そう、我一家はわたしが幼少時 奥日光に行き
サルと鹿にあったあと遭難している
わたしはサルと鹿のあとは
必ず熊が出ると強く思い込んでいて
大きい切り株を暗闇の中で見たとき あまりの恐怖に
飛びのき
頭から山の斜面を数メートルにわたり滑落した

頼むから無茶な計画はしないでね 父・・
わたしたち逆岩倉使節団VIPぞろいですから ほほ
[PR]

by eloundamigio | 2005-06-09 18:57 | Portrait | Page Top↑
2005年 06月 04日
identity

昨年9月から仏蘭西でピアノを勉強している日本人B
実は我々両親の実家は近所
ディナーに誘っても、誘っても断られてしまう

きっとフランス語や英語ができないと
そういうことが辛いのだろう
なるほど そこまでは理解できる
でも言い訳が おなか痛い じゃ こっちは頭が痛い

会わなくなって久しい
パリでもご近所さんなのに・・・
先日早朝、チュニジア代表が聞いてきた
最近日本人Bのこと見た?

「うん、夢の中で」
その日の朝、偶然彼女と二人でベルサイユに行って
ギロチンにかけられる夢をみたのだ

日本人だけじゃない
どんな文化圏から来た人にも言える
似た物同士でグループ化しちゃうこと
コミュニティーを作って
アイデンティティーに関する質問も
それを無くすリスクも
新たに付け加える不安も
すべて避けながら生きてる

言語と気持ちは違う顔した双子だ
話せなくても話す努力をしなければ 気持ちは伝わらない
ぺらぺら話せても 気持ちがなければ何も伝わらない
ぺらぺら話せてもきちんと話さないと 真の気持ちは伝わらない

なんかICUの試験問題みたいなのができた?
この3つの文章の前提を見つけましょう
なんちゃって

汝 恐れるなかれ
船は港を離れた
帆を高らかに掲げ 大海へいざ!!!!
[PR]

by eloundamigio | 2005-06-04 07:54 | Portrait | Page Top↑
2005年 06月 03日
borderline jokes

ジョークの質は親から遺伝するか

科学的に考えたら 
フランス人でもオランダ人でもなくても
NON!NE!!

で今日はインピリカル(経験的妥当)に基づき考えてみようと思う

わたしの父親のジョークの80%はきつい
本人もここ読んでいるし 
家族への忠誠心の高いわたしが
ネットで身内のことをやり先にあげるのは
非常に気が引ける 笑
だけどそろそろ真剣にかんがえなくちゃいけない

真面目にしゃべっているときは まともで尊敬してるのに
ジョークとなると
義姉の行動を「ダンプカーのように」などと表現して
顰蹙を買ってしまう
まともなことを何億回話しても
これじゃ 人間性を図る指標は常に赤字だ 笑

そして わたし
昨日、仏・米・日・ベネズエラ・チュニジアの5人で首脳会談みたいな
ランチをとったときのことである 

チュニジア女性大統領が「最近わたし太って55kgもあるのよ」といった
仏・米・ベネズエラ男性大統領らは皆沈黙を貫いてる
仕方ない、ここは 唯一女の 日本首相が 何かコメントせねば
「c'est normal- そんなの 普通よ」そして 少し黙ってそこでとめておけばよいのに
「si tu es enceinte - 妊娠していれば」

言葉が舌をついたのだ!

絶対本物の首相にはなれないな
というかなっちゃいけないなぁ

これはもう遺伝としか考えられない
経験的妥当性はあるよね
ちなみに妊娠とかダンプカーとか以外にも
トドとかコケオドシなどのさらに低脳なボキャブラリーも発したことがある
そして 身内でこの子は表現力がある 上手い! などといって爆笑してる
フランス人もオランダ人も今度こそは
OUI! JAAA!!だ

数年前、ウォール街で8年生き延びたスーパービジネスボーイがいってたっけ

あれ、なんていってたか忘れちゃった・・・笑
人を傷つけるジョークは暴力と同じだ っていうかんじだったかしら
本当にそうよね と深くうなずいたのに
不覚
頭の力はランチ後の団欒時にも抜くことはできない

父ー匿名でコメントしないでね ほほ
[PR]

by eloundamigio | 2005-06-03 03:01 | Portrait | Page Top↑
2005年 05月 31日
night life a Paris

cours florent, after the last show of the senior students

最近 ランニングはじめました
泳ぐよりいろいろな面で経済的、時間も短縮
勉強を切り上げて21時ごろ家のドアを開けると
脳みそモードが筋肉モードにシフトし
足踏みが始まります

セクシーユニフォームはもちろん仲間内でおソロ
といってもジャージパンツと会社のTシャツなのですが

少し行くと、パリの男たちが
「おいっちに! よいっしょ! こらせ! はいはい! はいはい!」
と掛け声をかけながらついてきます

ときどき強烈に個性的なパリの男性がついてくると
はっはっ ふっふっ という正常な呼吸が
かなりの度合いで乱されてしまいます

「おいやー!こりゃー!いよおー!」とリズムがなっていないからです

みんな50Mくらいついてくると あきらめて帰ってしまうのですが・・
フォレストガンプのような魅力はまだまだないようです

昨日は車3台に追いかけられましたが
一方通行を賢く利用するのが 女の手口

パリのど真ん中で汗だくになり微妙な魅力を放ちながら
文明を極力避けて歩いていると
カフェ経営者がじゃじゃーんと道路に躍り出て
アイスコーヒーおごるから 飲んでいってよ
などと 職権乱用 無銭飲食 浮気に狸・・
これが
ロマンチックなパリの夜のものがたり
[PR]

by eloundamigio | 2005-05-31 06:45 | Portrait | Page Top↑