2005年 10月 16日
Sammeke...(^-^)
b0035831_8585125.jpg


Bathに来て2週間がたちました。
Bathの地元の人たちはとても親切です。初めて来た日は、Bristolからのバスの中で70歳くらいのおばあさんに席を譲られました。もちろん断りましたが、その方、わたしがバスから降りるときに、スーツケースをおろすのを手伝ってくださいました。70歳の方に荷物を手伝ってもらうなんて初めてでした。そして、そのあともとても親切に寮までの道を教えてくださいました。
昨日は試験会場まで、またバスに乗ったのですが、地元出身の3人の70歳くらいのレイディーたちとお友達になり、バスの中では、みんなに聞こえるような大声で、この子これから試験があるのよ、がんばってっていってあげてちょうだい、と一時的に小さなバスのなかで勉強っ子みたいになりました・・・。よそから来たのに、全くよそから来たという雰囲気を感じません。なぜなのでしょう。観光地だからでしょうか。
でもそれはそれ。やはり後にしてきたものは恋しいです。ベルギーやパリの友達とは毎日のように連絡をとっています。チュニジアプリンセスに、「Bathにモフィダ(彼女の名前)はいないでしょう・・・(^-^)?でも、人間関係って時間と努力が必要だから、あきらめちゃだめだよ」って言われたときには思わず「うえーんモフィダー」とうるうるきました笑。理解し、尊重しあって人生の一部にできる友達を作るのは面倒だし大変な努力だけど、得るものは一生の宝です。この先、ほとんどの友人とは物理的に一緒にいることなんてきっとそんなに長くないだろうけど、心のなかだけでも繋がっていたい・・・、そして大事なときには優先的にそばにいきたい、そんな風に考えています。
サムのことも恋しいです。あの子との絆は固かったし、お互いのこととても好きだったと認識していました。この前電話したら、「みーー」と呼んだあと、受話器の向こうで何かを一生懸命しゃべっていて、またすぐ会って写真見せてあげるね、としかいえないことが残念でした。

授業のほうはかなりピッチが上がっています。読まなくてはいけないものがどんどん増えてきて、一分一秒たりとも無駄にできない感じです。

明日はわたしのキッチンで10人くらい集めてお寿司ディナーをしようかと企画しています。

今日はなんだかとても疲れました。いつも精一杯いろいろなことやっているけど、これから人生どうなるのだろう・・・成功できるのか、失敗するのか・・・。いつも不安が心の片隅にあります。それが人生だったら、なんだかつらいな~とも思ったりもします。
いつもまとまりのない下手な日本語の私的日記を読んでくださってありがとう(^-^)。

みなさんの週末が有意義なものになりますように。
[PR]

by eloundamigio | 2005-10-16 09:32 | Children | Page Top↑


<< CPE#01      Felix #8 Sushi ... >>