2005年 10月 11日
Felix #6 ~Bath on Sunday
b0035831_1525588.jpg


今日は、携帯電話とか食器とか必要なものをそろえるため、新しい友達と買い物に出かけました。バースの街は少しだけ日が差して雨だった昨日に比べると気持ちよいです。視界がよく向こうの丘陵地帯まで見渡せました。街を歩いている若い人たちの多くがバース大学の学生です。今日は携帯を買いに行きましたが、そこで働いていたかわいいお兄さんが「君バースユニの生徒?」ときいてきたので、パリにいたときみたいにいぶかしげな顔を向けたら、その人もバースユニだそうで、しかも政経・・・。同じデパートメントじゃないかい?しかも同じクラスもいくつか取っていることまで見出して、バースってほんと狭いなと再確認しました。まだ一週間しかいませんが、もう街の隅々まで歩いてしまったようです。これからはどこを歩けばよいのでしょう・・・。

携帯を買うのには、銀行の過去一か月分のステートメントとパスポートが必要だそうです。家を買うより慎重だとか・・。わたしなどはどこにも逃げるとこがないし、特に悪用するつもりもないので、情報だけ握りたいだけ握られて、見返りは、一回携帯を盗まれてもただでもう一個もらえるというくらいのものです。実際、まだ一週間しかいないのに、いろいろなメンバーシップにはいったせいか、自分の個人情報がかなり把握されているのに驚きます。この前Bootsで薬を買ったら、あなたJ***W**に住んでいるのね!などと言われて驚きました。

授業はちょっと取りすぎたのか、もう読まなくてはいけない本、あるいは読んでおいたほうが良い本が15冊以上あります。聞いただけで瀕死です。11週間でどうやって読み終わるのでしょうか・・。しかもレクチャーとゼミは毎日9:15から5日間けっこうきっちり入っています。でも今はキャンパスが楽しくて仕方がありません。友達がたくさんできたからです。最初は中国人はいつもまとまってイギリス人も交わろうとしていない雰囲気なのかなと思いましたが、みんな話してみるとどこから来ていても良いおぼっちゃまおじょうちゃまのようで、国や文化の壁もあってないようなものなのかもと思いました。でも、この前はなした中国人で経営学のタオさんはイギリス政府の移民政策を差別政策と呼んでいたし、教授にも皮肉を言われたこともあるようです。わたしの理想とは別にそのような世界観もよく分析したいと思いました。

隣のジョー(笑)はJustin Timberlakeにそっくりと騒がれています。昨日金髪のくるくる髪を真っ黒に染めてしまいました。そして、髪を切ってくれと頼まれました。どうしてわたしがプロの髪きりはさみを持っていることを見抜いたのでしょう。そう、実はわたしの別の職業は床屋で、今までさまざまな人種の髪の毛を切りました・・・。かわいい顔で「miu 僕の髪くるくるでも切れるの?」といわれて思わず「らくしょー」と安請け合い。これだから我が人生なんだか見返りのないことにたくさん振り回されている気もしないでもありません。そしたらその近くにいたファティーも「わたしの髪も切れる?」もちろん ただきるだけなら何の問題もないです。でも・・だれか この安請け合いの性格とめてください笑。もうこの際だから、髪の毛(個人情報)を収集しようかとも思いましたが、お金にならなそうなどころか、犯罪になりかねそうなのでやめました。
[PR]

by eloundamigio | 2005-10-11 01:55 | Page Top↑


<< Felix #8 Sushi ...      Felix #5 I miss... >>